YouTubeのプロデューサーとは?人を行動を理解した提案でチャンネル成功率アップさせる

YouTubeプロデューサーって何?

YouTubeプロデューサーって何?

チャンネル運営者に対して企画、立案してYouTube動画製作についての方針を示す役割。

このように考えています。

一度でも動画配信を行った方ならわかると思いますが、5件くらい動画をアップすると最初に言いたかったことを出し切ってしまってその後の動画を作れなくなったりします。

これは企業でもまったく同じ傾向で、なかなか継続するのは難しいのでしょう。

おそらく初めて動画に参入しようと思ったとき、一人で10個以上の動画を配信し続けられるという人はおそらく1割にも満たないのではないでしょうか。

 

YouTubeの登録者が増えない時期は誰しもあります。これはYouTubeの検索アルゴリズムにもよるところが大きいのですが、

再生回数が少なく「うまくいかないかも」という不安の中独りきりで走り続けるのは本当に大変なことです。

 

私はYouTuberさんの裏方としてプロデュース業を行っていますが、最初に感謝されるのは「安心して動画を作れる」という精神的な部分なのですよね。

 

YouTubeにプロデューサーをつけるメリットについてまとめていきます。

YouTubeのチャンネル運営にプロデューサーをつけるべき理由

 

YouTubeプロデューサー

あまり知られていないYouTube動画のプロデューサー。人気YouTuberならほとんどの方がそれに近いスタッフを雇っているのは間違いないでしょう。

現にこちらのサイトにもプロデュースに関する問い合わせが増えており、必要性について徐々にみなさん理解が進んできていることを感じています。

今回はYouTubeのプロデューサーが持っているスキルと、利用することによるメリットをお話していきます。

自分の魅力は他人からしかわからない

自分の魅力

あなたの魅力を最大限に感じるのは、他人なのかもしれません。

特にタレントである動画配信者は自分のやりたいことのイメージはあっても、自分の魅力についてはよくわかっていなかったりするものです。

ズバズバ意見するのが良いところなのに、遠慮がちに話してしまって凡庸になってしまっているもったいない方多いですよね。

キャラクターを無理なく際立たせて、人気者になるにはプロデューサーを使ったほうが良いのです。試行錯誤でも結局は人気が出るので問題ないのですが、あえて遠回りをせず楽に登録者数を増やして欲しいと思います。

自信をもって情報発信できる

 

自分の魅力についてと同様で実際に配信するときに味方がいるというのは心強いといいます。

特に自分の顔を出して表現しようという方は、最初はアンチの存在に不安になったりするでしょう。

そんなときに近くに応援してくれる人がいたら、次の動画もがんばれるのではないでしょうか。

ニーズを理解できる

ニーズを理解できる

プロデューサーは動画の企画立案のときに、動画の動向や検索されているワードについて事前に調査していきます。

YouTube運営者の魅力と世の中のニーズを組み合わせて、必要とされる情報を配信して行くことができます。

例えば、料理屋さんが動画を配信するとして、ただ肉じゃがの料理風景を作ったところを撮影しても誰も興味を持ってくれません。

肉じゃがを作るときの音に着目したり、肉じゃがから○○を作るのような展開にするなど、コンテンツとして視聴者に役立つものに仕上げていく必要があるのです。

アナリティクス分析ができる

アナリティクス

YouTubeには分析機能が付いていますが、これについて理解できていない方が多いです。

動画の場合には、離脱の理由や長く見られない理由などを推測して、改善を繰り返す必要があります。

プロデューサーはこれら視聴者の行動の数字から次の一手を提案することができなければならないのです。

我流でやり続けて、数字を無視しても再生回数も登録者も残念ながら伸びないものなのです。

クリックされるサムネイルとタイトル付けのアドバイス

どれだけ内容が充実した動画を撮影して編集しても、タイトルやサムネイルが失敗するとまったく再生されません。

人間の行動心理やその時の流行の方法についてアドバイスを受けることで、取りこぼしを防ぐことが可能となります。

 

 

YouTubeプロデューサー
最新情報をチェックしよう!
>オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

心を込めて作った渾身の動画をしっかりと伝える。中身を見なくてもどの動画がオススメかが明らかにするサービスを提供しています。

CTR IMG