【初心者】Youtube動画撮影に使用するカメラのメリット・デメリット解説します。

動画を撮影してYoutubeなどの共有サービスにアップしようと考えた時、なにも考えずにスマホでいいやと考えていませんか。

確かに現在の主流となっているiphoneなどのカメラ機能は、非常に優秀なのは間違いありません。ただ、どんな対象でもスマホがベストかというとそれは間違いです。

動画撮影のカメラのそれぞれのメリットは?

ハンディカム(ビデオカメラ)

メリット

誰でも簡単に撮影できると言う点は初心者向きと言えます。フォーカスの調整も簡単ですし、最近の機種は手振れ補正に強いということもあるので、撮影の失敗はしにくいでしょう。

デメリット

誰でも簡単に取れるのですが、画面上の広範囲においてフォーカスがあってしまいます。ピンボケをさせたおしゃれな映像にはなりにくいです。迫力のある動画にしたい場合には、他のカメラを使うべき。

スマートフォン

メリット

手軽に撮影できて、持ち運びがしやすいなど利点は多い。さまざまな角度から撮影することができるのもメリット。

デメリット

手ブレの影響や小型であることによって大きくカメラが移動して不安定な印象を与えることもあります。ズーム機能で画質が不安定になるなどはデメリット。

デジタルカメラ(デジタル一眼レフ)

メリット

写真撮影に使うためのカメラになるので、画質が非常に良い。また交換可能なレンズも多く販売されているので、好みに応じた動画を撮影することができます。ピンボケを使った迫力ある映像を撮影したい場合には必須です。

デメリット

設定に専門性が必要になります。写真撮影用ということでバッテリーにやや不安があります。30分以上の撮影になる場合には専用の電源を準備する必要があります。

GoPro(アクションカメラ)

GoProは小型で乗り物やスポーツ用のアイテムに装着して、迫力ある映像を取るためのカメラ。テレビでもヘルメットなどに装着して臨場感ある動画が撮影されているのをご覧になったことがあるでしょう。移動中の動画などには効果的な撮影機材です。

メリット

広角レンズを搭載しており、人の視点をそのまま感じてもらうような映像が撮影されます。ブレが少なく、乗り物や歩きながらの撮影などに向いているカメラ。

デメリット

専用のギア選びをして自分の撮影したい被写体に合わせた撮影をしなくてはならない。価格が高いため初期費用をかけられない初心者には不向き。

今後のカメラに注目

現時点でも上記のカメラ以外にも360°カメラやドローンなど、技術アップに合わせて様々なカメラが販売されていくでしょう。特殊なカメラであっても、それで新しい映像が撮影できるのであればそれはチャンスとなります。

また、高画質なカメラであってもどんどん安価になってきており、高画質の映像を初心者でも簡単にアップする事が可能です。

今後販売されるカメラや価格について、常にチェックしておくことが大切になります。

最新情報をチェックしよう!
>オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

心を込めて作った渾身の動画をしっかりと伝える。中身を見なくてもどの動画がオススメかが明らかにするサービスを提供しています。

CTR IMG