動画データの基礎知識|データの形式MpegとAVIの違いなど

動画をPCなどを使ってデータとして保存する時には静止画と音のデータをまとめてひとつのデータとする必要があります。

映画のフィルムを想像するといくつもの静止画が1秒間に何枚も切り替わることとで動いているように見えるのはご存知の通りです。画像と音を圧縮して保存しますが、このときの保存方法のことを「エンコード」と呼びます。

動画のエンコードは使用するOS(Windows,Macなど)やメーカーごとに多くの種類があります。

動画を編集する上で必要になる情報なので、動画ファイルの形式について簡単に学んでいただければと思います。

覚えておこう!動画ファイルの基本的な形式

動画のファイルのうち、非常に良く使われている形式について説明していきます。

Mpeg(エムペグ)

動画ファイルのもっとも一般に使用されている保存形式でしょう。初心者からプロとして活躍している動画編集者まで最も多く使われています。.mpgというファイル名を見たことがあればそれがMpeg形式のファイルになります。

Mpeg4はネットワーク配信をする事を意識され、高い圧縮率でデータ容量を小さくしている保存形式になります。圧縮されてはいますが高画質ということで非常に便利なファイルになります。

AVI(エーブイアイ)

Microsoftが開発した動画のファイル形式。Windowsパソコンを使用している方はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

Windowsの標準動画ファイルとなっており、ハードディスク録画できるタイプのビデオカメラでは現在でもAVIファイルを選択しているものが多いです。

AVIファイルは画質は良いのですが、容量が大きくなるというデメリットがあります。あまりにデータ量が増えてきた場合には、必要に応じてMpegで保存するなどの対策をする方が良いでしょう。データの拡張子は「.avi」

wmv(ダブリューエムブイ)

wmvファイルもMicrosoftが開発した動画ファイルの保存形式。元々Mpeg4を参考にして作られた形式のため、同様に高い圧縮率で容量を小さくする事に成功しているファイル形式です。

Windows Media Playerで音楽や動画を見る方はこの形式で保存されたデータを多く見ていることでしょう。拡張子は「.wmv」。

データをMacユーザーと共有したりすることを考えると、現在はMpegの方がメリットが大きい。

mov(モブ)

movファイルはAppleが開発した動画のファイル形式。Quick Time Playerで確認する事ができます。初期設定ではWindowsパソコンには入っていないので、インストールしてmovファイルを読み取れるようにしなければなりません。

Macユーザーにするとmovファイルは使い勝手が良いです。データの拡張子は「.mov」。

F4V(エフフォーヴイ)

Adobeのソフトで使用される動画フォーマットになります。より専門的なファイル形式ですので初心者の方は必要ないかもしれません。

パソコンで再生する場合にはFlash Playerを使います。徐々に本格的にYouTuberを目指すという段階になり、Adobeのソフトを使って編集する場合には必要になってきます。拡張子は「.f4v」。

最後に

今回はメインとなる動画のファイル保存形式をご紹介しました。このほかにもたくさんのファイル形式が存在し、データの大きさや画質などそれぞれに特徴があります。ご自身で使用するソフトで使うことができないという場面が出てきたら、調べるタイミング。

基本以外も学んでみましょう。

ただ、初心者の場合には動画ファイルの形式にこだわるレベルにはありません。まずはコンテンツの面白さの充実と構成を学んで視聴者に喜んでもらえる動画をアップしましょう。

 

最新情報をチェックしよう!
>オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

心を込めて作った渾身の動画をしっかりと伝える。中身を見なくてもどの動画がオススメかが明らかにするサービスを提供しています。

CTR IMG