Youtube動画作成の撮影に照明は必須!美しい動画でチャンネル登録を目指す

動画のクオリティを上げる方法

Youtubeなどの動画投稿サービスで自分のチャンネルを運営するにあたって、動画の品質を上げることはとても大切なこと。

最低限のクオリティの動画をアップ使用と思ったときに、最近ではiphoneなどスマートフォンの動画画質が非常に高くなっているので案外始めることはできます。ただし、もし室内で撮影をしようと思っているのであれば要注意。

スマホ撮影のみでは、影が出すぎて暗い印象の映像になってしまいます。

暗い動画はどうしても清潔さなど人気が出るのに必須となる要素がかけてしまいます。ホラー映画を想像してください。100%すべてのホラー映画は、不安感や恐怖をあおるために画面が暗くなるように撮影されているでしょう。もし眩しいほど明るい太陽の下で、ホラー映画が撮影されたらむしろ滑稽にみえるものばかり。

Youtube動画も全く同じ。明るい動画を作ることで、また見たいとチャンネル登録へつながるんです。

今回は自宅など室内での撮影を考えている方に、安定して明るく美しい動画を作成する事ができる撮影用の照明器具についてお伝えしていきます。

照明機材の選び方

照明器具を使うことで明るく、撮影しやすい環境を整えることができます。ただ、照明を揃えていく時に覚えていて欲しいのは、

照明機材は2つ以上準備すること。

2つの照明が必要になるのは、影を画面上から極力無くすと言う意味があるんです。

照明をひとつだけで人や物にあてると、光の反対側に影が伸びてしまいます。このようにすると、奥行きある印象は出るのですが普通の料理やカジェット紹介などの動画の場合には、暗い人が運営しているような印象を与えます。

2つの照明で左右の2方向から照明をあてる

この方法で画面全体を明るくします。1つではできてしまっていた影に光を与えて、画面全体を明るくするんです。これだけでカメラの画質によらず商品や物をくっきりと、実際に見ているような感覚になる撮影が可能になるんです。

照明機材の探し方は?

初めての動画撮影の場合、どこまで照明にこだわっていいのかわからないもの。

実は、最低限の画質を確保するだけであれば、手軽に購入できるくらいのお値段のもので大丈夫です。照明の種類は「白色LED」です。

以下はamazonで「LED照明 撮影」と検索しただけですが、かなり多くの種類の照明が販売されています。

オススメの照明機材の形

購入しておくと確実に動画の品質が上がる形を紹介します。商品なのか人物を撮影するのかという、被写体の大きさによって使い分けが必要になりますのでしっかりと基本を押さえておきましょう。

LEDビデオライト

撮影用のフラットパネルタイプのLED照明です。安価に購入できるものも多く、初心者が勝って損のないタイプ。大きな被写体から小さなものまで汎用性が高いのが特徴。光が直線的になるので複数台の購入で明るくする必要があります。

ライトボックス

お料理や小物など、比較的小さなものを綺麗に写したい方に便利な照明機材です。周囲にLEDの光が満遍なくあたるように作られているので、影がほとんどできないです。撮影スタジオで撮影しているのと同じような光の状態にすることができます。

商品紹介でアフィリエイトを考えている方などは、商品を宣伝用の動画かのように撮影できます。

Youtube動画で美しく撮影する方法
最新情報をチェックしよう!
>オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

心を込めて作った渾身の動画をしっかりと伝える。中身を見なくてもどの動画がオススメかが明らかにするサービスを提供しています。

CTR IMG