YouTubeで広告収入を得るための条件と収益を受取る参加資格とは?

昨今、ユーチューバーが脚光を浴びています。彼らは、youtubeに動画を投稿することによって大きな利益を得ることに成功しています。ですが、ユーチューバーが広告収入を得るには具体的にはどうすればいいか?意外と知られていません。

そこで、今回の記事では、youtubeで広告収入を得るための条件や、具体的な手続きを説明していきたいと思います。

広告収入を得るための条件としては、まず、『youtube パートナープログラム』に参加することが必要です。

これは、誰でも参加できるわけではありません。参加するための要件は、チャンネルの総再生時間が「4000時間以上」、「登録者が1000人以上」となっています。ここで、チャンネルの総再生時間の確認の仕方が少々わかりにくいかと思います。この場合、プロフィールアイコン、クリエイターツール、アナリティクスの順でクリックすることにより、総再生時間を確かめることができます。

総再生時間4000時間、登録者数1000人以上を達成していた場合、パートナープログラムに参加する資格があると判断できます。

次に、実際に、どうやって参加するか説明します。まず、クリエイターツール、チャンネル、ステータスと機能をクリックします。そうすると、「ステータスと機能」ページが開きます。

次に、【収益受け取り】を【有効にする】と変更します。そして、「収益受け取りプログラム」に申請します。さらに、『youtube パートナープログラム』の規約に同意します。

その上で、収益を受取るために必要な『Google アドセンス』とヒモづけをします。これであとは、収益化の設定をクリックすれば、パートナーズプログラムに申請する手続きは終了します。

申請した上で、上述した再生時間と、登録者数の要件を満たした場合、自動で審査が開始されます。

そして、パートナープラグラムの審査に合格すると、メールでその旨が通知されます。一度、審査が通れば、総再生時間と登録者が下回っても、解除されることはありませんが、半年間なにも投稿がなかった等、チャンネルの活動がなされていないと判断された場合、参加資格が解除されることがあります。

いよいよ、報酬を受け取る段階です。

収益が8000円を超えた場合、Googleアドセンスから、「お支払設定ページ」を通じて、銀行振込か、小切手の形で報酬を受け取ることができます。なお、実際に振込まれるのは、口座登録後から10日ほどというのが、一応の目安です。

以上、youtubeで広告収入を得るための条件を説明させていただきました。

最新情報をチェックしよう!
>オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

心を込めて作った渾身の動画をしっかりと伝える。中身を見なくてもどの動画がオススメかが明らかにするサービスを提供しています。

CTR IMG