好きなジャンルの動画に特化してYouTubeを始める5つのメリットとは?

youtubeには、様々なジャンルの動画があります。ゲーム実況、踊ってみた、演奏してみた、歌ってみた、試してみた、ネタ動画と、動画のジャンルは本当に多いです。動画を作成するときに、様々なジャンルの動画にチャレンジすることも一つの方法ではあります。しかし、動画の質を上げたり、再生数、登録者数を伸ばすにはひとつのジャンル、しかも、自分が好きなジャンルに特化して始めることが有効な手段といえます。

そこで、今回の記事では、好きなジャンルに特化するメリットを5点あげていきたいと思います。

チャンネル登録率・回遊率・再生数が増加する

ある特定のジャンルに特化しないと、いくら再生数が高い動画を出したとしても、登録者数につながりません。なぜなら、そのユーチューバーが、次もまた、視聴者が望む動画を出してくれるかどうかわからないからです。いくら、ある動画が視聴者に気に入られたとしても、次も同様のレベルと内容の動画を出してくれる保証がないと、視聴者はチャンネルに登録したがらないのです。

特定のジャンルに特化すると、そのユーチューバーのある動画が気に入った場合に他の投稿動画も同じジャンルなので視聴者が安心してチャンネル登録できるようになります。

また、そのユーチューバーのチャンネルには自分が気に入った動画がたくさんあることがあらかじめ理解できるので、回遊率も劇的にあがります。その方の生活の一部になることができれば、再生数は一気に伸びていきます。

仕事を受けやすくなる

youtubeといえば、広告収入というイメージが強いと思いますし、広告収入を得ているユーチューバーはたくさんいます。しかし、それだけではないのです。企業とのタイアップや関連イベントなどにおける収入の方が多い場合もあります。

特定のジャンルに特化していないと、先に述べたようにチャンネル登録者数も再生数が多くなっていきません。その結果として、企業とのコラボなどのオファーをもらいにくい状態になります。そのユーチューバーとコラボすることが、自社の利益につながるのかわからないうちはタイアップできないですよね。

特定のジャンルに特化すると、企業側も自分が望んでいるジャンルのユーチューバーを見つけやすくなります。また、チャンネル登録者数、再生数が多いと、CM効果も大きく期待できます。これは企業にとって大きなメリット。

このようにあるジャンルに精通している方であれば仕事を依頼しやすくなります。YouTuberの方も企業とタイアップすることで、豊富な予算で今まで出来なかった企画を行うことができます。企業もTwitterなどで動画の紹介をしてくれるなど、劇的に再生数が伸びていきます。

動画のネタを考えやすくなる

動画を作る上で、ネタは、はじめの一歩です。
ジャンルを特定していないと、そもそも、どのジャンルのネタにするか、そこから考えないといけません。人間、何かを決めることは思いのほか、時間と労力を費やします。その結果、本来の動画に割かなければいけない時間とエネルギーがなくなってしまいます。
この点、動画を好きなジャンルに特定すると、自分がやるべきことが決まっています。決まっているから、集中できます。集中しているので、アイデアが湧きます。アイデアが沸くからこそ、色々な動画ネタが出てきます。このように、ジャンルに特化することで、動画ネタが出やすくなるのです。

熱心なファンが増える

好きなジャンルに特化することで、そのユーチューバーの考え方、好みに近いより熱心なファンを獲得することができます。ジャンルを特定しなかった頃には、コメントがなかったチャンネルも、アクティブなファンを獲得することで、コメントが増え、SNSも賑やかになります。その様子を見て、益々アクティブなファンも増えてきます。

モチベーションを持続

良い動画を作るには、モチベーションを持続させることが不可欠です。しかし、ジャンルが広くなりすぎると、何に力を注げば良いのかわからなくなります。結果、モチベーションを維持することが難しくなります。そうすると、良い動画を作れなくなり、そのような気持ちはチャンネル視聴者にも伝わってしまうため、再生数も上がりません。

好きなジャンルに特化すると、自分が好きなことをやっているわけですから、モチベーションは当然持続します。下がることがないわけです。そして、「自分が好きなことをやっている」という姿勢は、やはり視聴者にも伝わります。結果、良い動画を作ることができ、再生数も伸びるのです。

このように、youtubeにおいて、好きなジャンルに特化することには多くのメリットがあることを覚えておきましょう。

好きなジャンルの動画に特化してYouTubeを始めるメリット
最新情報をチェックしよう!
>オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

心を込めて作った渾身の動画をしっかりと伝える。中身を見なくてもどの動画がオススメかが明らかにするサービスを提供しています。

CTR IMG