【初心者】Youtubeでアクセスアップするためにはサムネイルにこだわろう

Youtubeにアクセスして、どんな動画を見ようか考えているときに、一番先に目に飛び込んでくるのがサムネイルです。

サムネイルはいわば、動画の第一印象といえます。

人の印象の8割は、見た瞬間に決まると言われているように動画においても第一印象はとても重要。初心者の方の中には動画の中にはサムネイルを設定していないもの見受けられますが非常にもったいないです。

自分の動画を見てもらいたくないと言っているようなものですね。対策に対して効果の高い施策になりますので、面倒くさがらずにサムネイルは必ず設定するようにしましょう。

 

今回はアクセスアップを目的としたサムネイルの作り方について説明していきます。

サムネイルの重要性

そんな重要な第一印象を決定づけるサムネイルも、使い方を誤れば、大変なことになります。悪い印象を与える結果になってしまい、動画の視聴につながりません。それどころか、他の動画の印象も悪くなってしまうという悪影響を引き起こしかねません。

例えば、本屋さんで漫画の単行本を手に取ったとき、表紙がある単行本と、表紙のない単行本とでは、どちらを買う気になるでしょうか。間違いなく表紙がある方ですよね。表紙があって初めて単行本を手に取る気になります。

これを表紙をサムネイルに置き換えると、魅力的なサムネイルがあって初めて、視聴者は動画を見てみようと思うことになります。youtubeのサムネイルは動画を見てもらうための入り口となるものです。

サムネイルの設定の仕方

Youtubeでサムネイルを設定するには、自身のYoutubeチャンネルを電話認証する必要があります。

Youtubeの右上にある自身で設定した画像が表示されているボタンを押し、【設定】に進みます。そして【その他の設定を見る】【カスタムサムネイル】を押して電話認証を行います。

電話認証が完了すると、カスタムサムネイルの設定ができるようになります。

カスタムサムネイルが【有効】になり、使えるようになります。

これから始めようと思っている方にとっては問題ではないと思いますが、1つの電話番号で確認できるYoutubeチャンネルは年間2つと決まっています。

動画のアップロードが完了したらサムネイル設定を選びます。「サムネイルの設定」を押したら、自作のサムネイルを挿入します。そして保存完了でサムネイルの設定は終了です。
サムネイルを設定しないことには、動画を見てもらう足掛かりすら築けないので、必ず設定するようにしましょう。

クリックされないサムネイル

Youtubeにおいてサムネイルが大切なことは今まで説明してきました。しかし、いくらサムネイルを設定しても視聴者が見てくれないサムネイルがあるのです。いわゆる「クリックされないサムネイル」というものです。

クリックされないサムネイルには共通した特徴があります。

文字が小さい

現在、多くの視聴者はスマホから見ています。PCに比べ、ただでさえ画面が小さいスマホにおいて、小さな文字を用いてしまっては、その動画がどんな内容のモノか判断してもらえません。

文字がサムネイルの画像の顔にかかっている

人は、深層心理で、「人の顔が見たい」と思っているそうです。だからこそ、顔のサムネイルは人を引き付けるのです。ところが、せっかくの顔サムネに文字がかかっていては、見たいものが見れません。結果イライラさせてしまい、動画を見てもらえなくなります。

写真自体が何を伝えたいのかわからない

写真と動画の関連性が全くないサムネイルもNGです。サムネイルを見てどんな動画なのかわからないからです。
自身の顔をサムネイルに使用するのであればまだ興味を持ってもらえると思いますが、そうでない場合は動画の内容が想像できるサムネイルを設定しましょう。

クリックされやすいサムネイル

先ほど、クリックされないサムネイルの文字は小さいと紹介しました。かといって、やたら大きければいいというものでもありません。スマホで見やすい文字を意識することが重要です。

また、ターゲットとする視聴者が、例えば30代男性であれば、その男性がよく見ている雑誌で使われている単語を散りばめることも重要です。ターゲットにとって馴染みのある文字を使うとクリックされやすいサムネイルが作れます。

さらに、顔出しOKな方であれば文字で顔を隠さないこと。動画内容に一致するサムネイル画像を使用することも重要です。

これらの点に注意してサムネイルを作成すれば、アクセスアップにつながります。

アクセスアップのためにはサムネイルにこだわろう
最新情報をチェックしよう!
>オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

オウンドメディアを身近に「ひとちゅぶ」

心を込めて作った渾身の動画をしっかりと伝える。中身を見なくてもどの動画がオススメかが明らかにするサービスを提供しています。

CTR IMG